育児

2015年10月 7日 (水)

子育ての応援に!

(写真上でクリックすると大きくなります。)
あんなに暑かった夏が遠くに思えるほど朝夕は涼しくなりました。
庭の花にも秋の気配が。
454
462
お友達からおいしい大根の煮物をいただきました。
優しい味でとってもおいしかったです。
いただいたもの↓
450
そんな時、共働きをしている二男のお嫁ちゃんから『孫の面倒の応援を!』という依頼が。遅まきながら私にもついに出番が!
孫は1歳7カ月。あまり会わないうちにこれくらい↓大きくなりました。
(公園での様子↓)
330
お嫁ちゃんが海外出張するとのこと。
その間は、しばらく子(孫)育て応援に。加えて発熱もして保育園を休むことに。さらに行くのが早まりました。
ただあまり接触がなかったので馴れてくれるかちょっと心配。
私も慣れない場所で慣れない暮らしを始めることになりました。
二男の家は、こんな環境です。
433
あまり人の気配を近くでは感じられません。
洗濯。掃除、料理の他に
近くの河川につれて行ったり、
444_3
近くの地区センターの遊び部屋に連れていったり
170
病院に予約をとって診てもらいに行ったり、
435_2
 
病気が治ってからはベビーカーで保育園の送迎等等。
昔自身の共働きであわただしかったことを思い出しながら。”新米おばあちゃん”をやりました。
したがって9月は、家にいることがとても少なかったです。
453
無事バトンタッチして久しぶりに、家に帰ったら以前買って植えた見切り品のバラが一輪きれいに咲いていました。

| コメント (6)

2015年2月 9日 (月)

孫の保育園、どうなることやら

(写真上でクリックすると大きくなります。)
先月お友達に誘われてパン教室に行ってきました。
198
その日のパンはショコラ・ブラン
何しろ不器用な上に初めてのこと。皆さんにやっとでついていきました。
205
出来栄えは不格好。
でも食べてみたら、とっても美味しかったです。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
早いもので、2月に初孫が1歳の誕生日。
222
当日朝早起きして赤飯とおはぎを作って行きました。
全て大人の胃袋に納めました。
100円均一グッズで飾りつけをしました。↓
313
今は便利ですね。
育児メーカーからでている赤ちゃん用のケーキキットでケーキを作りました。
甘さウーンと控えめ。↓
301
ほどなくして区役所から孫が入園希望していた保育園の入園希望結果の通知が。
ドキドキして開いたら、希望していた全部に落ちていました。
ママ友3人も全員どこにも引っかからなかったとのこと。
皆さん職場復帰がかかっているだけに、あわてている様子。
企業内保育所も申し込みに行きましたが、現在、在籍が60名で、既にいっぱいといわれ、他にもあたるようにいわれました。
とりあえず、一緒に見学をさせてもらいました。
091
最近新築移転したとか。
097
施設はとっても立派でした。
086
入れるかどうかもわからないのですが・・・
後日、心配で母親が区に相談に行ったところ、孫の住んでいる区だけで200人の待機児童がいるとか。
以前神奈川県は“待機児童0”と聞いたことがありますが、あれはあの年だけ?
現実はそんなに甘くないと痛感。
はてさてどうなることやら・・・
326
夕方ベランダからは、富士山のシルエットがきれいでした。

| コメント (8)

2014年4月28日 (月)

孫の初節句に。

(写真上でクリックすると大きくなります。)

久しぶりに小野先生宅で髪飾りのレッスンを受けました。
華やぎの場にいいですね。

花嫁さんにもグーです。

033

花も花弁から作ったので思いのほか難しく時間がかかりました。

 cafe  cake  bottle  riceball  bread  wine  noodle  beer  fastfood

今年は孫の初節句。
『必要ない』というので新たには買わず、家にある五月人形を二男宅に運び飾ることに。

休みの日に長男に運転を頼んで。
前倒しでお祝いすることに。
着いたら、ちょうど入浴タイムが始まりました。

053

もうすぐ3カ月。しっかりしてきました。泣きの様子↑

大荷物をほどいて五月人形を飾り付ける。

20年ぶりくらいに日の目を見ました。
しかし、飾り付け方法の私の記憶があやしい。

横で二男がネットでサクサク検索。
便利になりましたネー。

とりあえずいろんな人に抱かれて証拠写真を。

075

私はお赤飯と、柏餅ならぬイチゴ大福を作りお重に詰めて持参。
(イチゴをあんで包んだところ↓)

037

長男が何気ない一言。

「お母さん勤めていた頃こんなの作ったっけ?」《ドキッ!》

「あの頃は仕事と日々生活に追われ、心に余裕がなかったのよ。」懸命な弁解。

「なるほど!」

さすが、長男、しっかり親を見ていました。

痛いところをつきます。

048

お赤飯も大福もわりとうまくできました。

041

PM3:30帰路へ
一部渋滞にあいながら7時過ぎに無事帰着。

フーウッ kissmarkdash 

| コメント (6)

2012年6月28日 (木)

あやめで息抜き?

(写真上でクリックすると大きくなります。)

あやめの時期、去年もきた公園
あまりに見事だったので、花好きな若い友人Yさんにもアヤメを見せてあげたいな~

029

ずっと思っていました。
今回は、私がお誘い。

113

Yさんとその子Nちゃんと3人で4,50分をドライブして公園に。
ついたら、あやめまつりはもう終わっていました。
が、まだまだ見応え十分。

085

『とってもきれい。』と喜んでくれて。
027

もうすぐ2歳のNちゃんは、アチコチを行きつ戻りつ。
ちょっとも目が離せません。

101

孫がいない私は、マゴマゴ dash  sweat01 するばかり。
池の鯉にも自分のお菓子を一袋全部あげていました。

095 

私もNちゃんに元気をイッパイいただいて。

3人とも十分楽しんで帰りました。

夜には、感謝の長いメールが。
誘った甲斐がありました。

Yさんは育休中で、おそらくずっとわが子と向き合う日々。

庭に咲いている花↓をぼんやり見ながら自分の昔を思い出しました。

040

子育て真っ只中のYさんの息抜きになってくれたらうれしいな~

| コメント (14)

2011年10月22日 (土)

3人でピクニック

(写真上でクリックすると大きくなります。)

 若い友人から『娘(N)が歩けるようになりました。会えませんか?』とメールが。
アラ~ 何カ月ぶりでしょう!

以前会った時はNちゃんはまだハイハイもできなかったから。
彼女は子育てで大忙しなので、私からは連絡を控えていたのですが・・・
彼女には同世代のお友達もたくさんいるのに親子ほど年の離れた私にもしばしば声をかけて下さるのです。

134

だから、3人一緒に歩くと、どう見ても娘と母親と孫の構図です。
マ、それはともかくとして。

ちょうど近くの農業公園では、コスモスが咲いている頃。
家で会うよりもそちらでピクニックをすることを提案。

178

行ったらちょうど見頃。ラッキー
花を見にたくさんの人が。

バスで来ているところも。↓

154

1歳2カ月のNちゃんと再会しました。
まあ、かわいいことかわいいこと!↓

123

ヨチヨチながら歩くスピードは速くてどんどん先に。

163

動き止まないのでなかなか写真がとれず。
一回りしてちょっと離れた芝生でお弁当に。

Nちゃんのおにぎりはドールハウスのお弁当みたいに小さくてかわいい。
開いたとたん待ち切れずに手が出て、お母さんにたしなめられる。↓
141

3人で花を見ながら食べるお弁当はサイコーでした。
友人からは、穏やかに子育てをされているようすが見てとれました。
私の子育てより、はるかに上手でしっかりされていました。

192

友人は「思いがけずコスモスを見られ、いっぱいおしゃべりもできて、今日は癒されたわー。」と。

私『よかった!子育て真っ最中にリフレッシュできたかな?』

あたたかな風が私たちを包み込んで通り過ぎていくような気がしました。
私も心やわらかになり、うれしくなりました。

115

Nちゃんも色とりどりのコスモスやマリーゴールド、たくさんのトンボに興味を示して。

207

「ほらこんな花びらが筒のようなものもあるのね?Nちゃん!」

お話しながら花の間を歩きました。↓

197

今日のこのことがわずかでも心の隅に残ってくれたらいいなあ。
幼すぎてムリですかね。ヤッパリ!

157

| コメント (16)

2011年8月17日 (水)

長男夫婦からアレンジメントのプレゼントが・・・

(写真上でクリックすると大きくなります。)

過日は私の誕生日でした。
『ええっ?もう○○歳、そんな年?』自分のことながら驚きます。
正直、この年になると誕生日がくることが、うれしいんだか、悲しいんだかよくわからない心境。
長男夫婦から、誕生日祝いに花のアレンジメントが届きました。ありがとう!
珍しい青の濃淡(むしろ紫に近い)のカーネーションが入ってっていました。
“世界初!”とある。青の色を吸い上げたのではなく、外国との共同開発らしい。初めてみましたよ。↓

013

以前、長男が家に帰ってきた時、おどけながら
『ブログを見ているとK(二男)からこんなものをもらったとK(二男)のことがいつも
書かれているので、今回は
“長男から”を強調してね。お母さん!』というのです。

そんなわけで、長男夫婦から頂いたことをまず、アピールしておいて・・・っと。

『カードもありがとうね。N(長男)』↓

092

思えば長男と二男の年の差は10歳。
公私とも子育て環境がずいぶんよくなりましたね。
今は社会全体が共働き子育てに追い風が吹いて徐々に働きやすくなってきていますね。
とってもいいことですね。

060

昔は社会も職場も厳しくて休みもとりづらかったです。
加えて、自分自身も知らない土地で仕事にも生活にも、いっぱいいっぱいでした。

しかも主人は仕事人間。知人も親戚もなくて子供が病気でも援助を期待できず、孤軍奮闘していましたっけ。

病気で学校を休ませた子供の横に昼食をおいて職場に向かったことも。
共働きは自ら選んだはずなのに、追い込まれていて今思い出しても辛かったです。
子育て中ノイローゼになるお母さんの気持ちがわかります。

あの頃に関して、かなり、しわ寄せがいったにもかかわらず長男は文句1ついわなかっただけに思い起こすと胸が痛みます。
2人とも朝早くから夜遅くまで仕事に追われていました。

075

そんなわけで二男の時は余裕でしたが、長男には、十分にしてあげられなかったという思いが・・・
立て直そうという思いをもちつつ、気がつけば私の手を離れて家を出ていました。

077

だからというのでもないのですが、他人でも子育て中の若い人を見るとエールを送りたくなります。
そんな長男夫婦から花のアレンジメントです。
今さら時は、とり戻せないのですが、 私は誕生日に長男のことを思いました。
そして、プレゼントの花を玄関に飾りました。

| コメント (18)

2011年1月16日 (日)

後輩が赤ちゃんを見せにきてくれました!

(写真上でクリックすると大きくなります。)

予報通り、今朝カーテンを開けると一面の雪。この冬初めて。↓

センター試験の日はいつも荒れる記憶が。影響がないといいですね。

059

関東は昼過ぎにはお日様が出て雪はどこへ。↓

雪国の人には申し訳ない気持ち。

065

庭には万両が↓

053

白実の万両も↓

050

室内では、暮れに町会もちつき会くじ2等のシクラメンがまだまだ頑張って咲いています。

071

後輩が赤ちゃんを連れて遊びにきてくれました。

どうよ、このプクプクしたかわいい手。

030

今、流行のレギンスでおしゃれ~↓

029

これは、いろいろな感触が楽しめるシート↓。

033

赤ちゃん雑誌の付録とか。立体的なものがいろいろついていて。
今ファッション雑誌付録が豪華なように、
付録とは思えないほど。
 今回初めて知ったのですが、ミルクも外出用に固形が。

g数もいろいろ。カットしやすくまたすぐ溶けます。
私が子育ての頃はミルクの粉を1回分ずつ入れるケースができて。

それも画期的と思いましたが。
時代は進んでさらに便利に。

そのうち、ついていけなくなるのでは・・・
(今もついていけてるとは、思いませんが。)

リンゴのようなかわいいほっぺをさんざんつつきまくりました。
赤ちゃんには、うっとおしくていい迷惑でしたね。

親子とも、よく耐えて帰られました。
しつこさにもう、来てくれないかも・・・

ハイペースで今日も日が暮れていきます。

| コメント (18)

2009年8月 1日 (土)

ひまわりで思い出すこと

今日は土曜日、朝からsun青空。

そういえば、昨年の今頃、近くのあけぼの山農業公園の池のハスがきれいだったなあ~。

そうだ、晴天だし行ってみることに・・・  カメラcamera片手に普段着そのままで。

花って時期を失すると実にツマンナイのですが、行って見たらラッキーscissors

200981_11

池の左右に睡蓮とハスがたくさん咲いていました。睡蓮のアップです。

200981_3 300981

下はハス。向こうにひまわり畑がeye見えますかネsign02

200981_4 200981_9

200981_5

ハスは、池のよどみにも染まることなく凛として咲いていました。

その奥にはなんと、池を取り囲むように広大な畑いっぱいにひまわりまで

咲いていました。サプライズの花見になりました

200981_6 200981_10

ひまわりを見ると思いだすことがあります。

もう、十数年も前のこと。

日頃どこにも連れていっていない二男に“せめても”の気持ちで高速にのって随分遠くまで二人でひまわりを見に行った日のことを。

そこは、確かに一面のひまわり畑(あの頃は珍しかった)臨時の見晴らし台もできて上っても見ました。

200981_7

が、わざわざ遠くまで連れていったわりには二男はそんなに喜ばず、ガッカリでした。

私にも勢いがありましたね。

その頃、小学校低学年だった二男の記憶の中には、もはや残ってないかもしれません。

こうやって、親だけが、『あそこに連れていったでしょ?』

『こんなこともあったよね?』

一生懸命育てたことを思い出し、事あるごとに話すのですが。

子どもは、そんなこと覚えてもいないし、恩にも、感じていないし・・・

200981_8

親子の思い出も、そんなふうに月日を重ねて記憶の底に埋もれていくのですね。

子どもがいつか親になると、また、同じことの繰り返しかもしれません。

ひまわりの強烈な黄色と今日の空の青を見たら忘れかけていた思い出がよけい色鮮やかによみがえりました。

| コメント (13)