« 熱海に一泊。 | トップページ | 菜の花の咲く吾妻山公園へ »

2013年1月31日 (木)

母がついに103歳の誕生日!

(写真上でクリックすると大きくなります。)

母は一時は誕生日までは無理だろうと思われていました。

が、復活。
ただし、足が弱りました。

車椅子で、食堂に。自分で食事をとれるまでに。


そしてついに母が1月29日で、ナ、ナント103歳に!
兄夫婦やと私、その子供たち友人等、7人でささやかながらベッド横でお祝いをしました。
ケーキを前に記念写真↓

枕のプレゼントや大きな花束もあったのですが・・・写っていません。残念!

012

二男が(ケーキは母にはムリだろうと)別に牛乳ゼリーを作り(103歳を)イチゴで飾り付け持ってきました。
そうしたら、ゼリーもケーキもぺロり。↓

008

状態が悪かった時を見ているだけに復活力がすご~い!
明治、大正、昭和、平成の世を生きてきました。
生きていく中でこれまでにいろんなことがあったと思いますが、
苦労したことはあまり話しません。
『遠い所を来てもらって悪いね。』
『S(主人の名)さんに謝っておいてね。』かけつけた私のことを思いやります。
やはり、どんなに歳をとっても親なんですね。

033

今は口を開けば『(十分にしていただいて)もったいない。もったいない。』
何か一つする度に『申し訳ない。悪いね。』『すまんね。ありがとうございます。』と感謝の言葉と手で拝む仕草だけになりました。

歳をとると、いろんな欲がなくなってしまったからでしょうか?
人間臭さがなくなって感謝、感謝のみ。

上の兄も1月に1回遠路を新幹線で日帰り強行軍で母の所を見まってくれます。
母が長生きしてくれたおかげで、私も厚木の兄の所に通うことも多くなりました。

結果的に兄弟親戚の絆が深まったように思います。

母が生きていなければ、兄夫婦との接点も薄かったでしょう。
生きているだけで扇の要の役割をしてくれているような・・・
感謝しています。

今回も、集まる機会を得て、母の状態も落ち着いているので(母抜きですが)皆でホテル↓に行きました。

023

中のお店でふぐ料理を食べに行きました。↓

024

029

032

母は歌うのが好き。

兄が買ってくれた懐メロのCDを聞きながら楽しそうに『リンゴの唄』等を歌っています。

トシもトシ、これからも心穏やかに静かに1日1日を過ごしてもらいたいと願っています。


« 熱海に一泊。 | トップページ | 菜の花の咲く吾妻山公園へ »

生活・日常」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ!
お母さん103歳の誕生日おめでとうございます。
凄いですね。
歳を重ねると感謝の気持ちが沢山言えるようになりますね。
父も何かしてあげると「ありがとう」の言葉を発します。
お母さんもいろいろな出来事があったでしょうね。
お母さんは凄い人ですね。
まが~さん、お母さん大切になさってくださいね。
羨ましいです。
食欲も出てきて良かったですね。

投稿: | 2013年1月31日 (木) 20時02分

★ 恵 様 ☆
ありがとうございます。
母の時代は粗食に耐えたからでしょうか、粘り強いと思いました。
いろんな苦労もあったと思いますが、あまり、いいません。特に父が晩年に認知症になってたいへんだったと思いますが、今は感謝のみになりました。
恵さんもお父様をお大切に。

投稿: まが~ | 2013年1月31日 (木) 20時22分

103歳
オメデトウございます!

日頃からいつも気になっています。このように元気に年を重ねられること、心から羨ましく思います。
ご主人さまの認知症なんかとも闘った時期もあったなんて。
感謝の心が立派です。それと愚痴をこぼさないないのね。しっかり記憶しておきます。真似はできそうにないですが^^;;
アチコチが故障して、型の来ているこの身体、今年は文句言わずに頑張ろうかと思いました。
とっても励みになる記事でした。ありがとうございました。

投稿: marri | 2013年1月31日 (木) 20時43分

★ marri様 ☆
ありがとうございます。
いつも母のことを気にかけて下さってありがとうございます。
母も何とか小康状態です。トシなので安心はできませんが・・・
marriさんが、ガタがきているなんて。とんでもない。
外国を飛び回っておられる位ですから、パワー充分です。

投稿: まが~ | 2013年1月31日 (木) 21時40分

ほんとに凄いですね!!

復活とは!!

色んな歴史を自分の目で見て来たなんて!!
凄いの言葉しか浮かびません。

何より食欲があると言うのが良いですね。

私の母は晩年は何も食べられずに”胃ろう”だったので
とても辛かっただろうなと。
そしてそれを間近で見てた私もほんとに切なかったです。

投稿: わんこ | 2013年2月 1日 (金) 17時53分

★ わんこ様 ☆
母は今の所は、小康状態です。
わんこさんは、お母さまの介護で辛い経験をされましたね。
そばで、見ていると切ないですよね。
母はトシもトシなので、静かに過ごせれば、それでいいかなと思っています。

投稿: まが~ | 2013年2月 1日 (金) 18時52分

まが~さんのお母さん103歳のお誕生日をお迎えになられたとのこと。
本当におめでとうございます。
前回のブログでも思ったのだけど、まが~さんのお母さんグリム童話に
出てくるおばあさんの様ですね。
色んなことを乗り越えて静かに静かに今を過ごしてられるように思います。
私ももっと年取った時に廻りの人に何時も感謝を言える人になりたいです。


投稿: lily | 2013年2月 2日 (土) 09時34分

★ lily様 ☆
母はトシをとりすぎたのでしょう。口から出る言葉は、感謝の言葉のみです。
「○○さんは、元気かね?」とか、親しい人の消息を聞くのがせいぜいです。
生きていく上での一切の欲がなくなってしまったからかも知れませんね。

投稿: まが~ | 2013年2月 2日 (土) 10時19分

お母様 103歳のお誕生日 おめでとうございます!
何よりも、ご自分の口で美味しいものが食べられるのが、一番ですね。
家の母も、昨年の8月にもうだめかと思いましたが、入院して今は落ち着いています。
が、やはり高齢なので、食事はミキサー食になってしまい、病院なので家族が持って行って食べさせるのもだめなのです。
まが~さんのお母様が羨ましいです。

投稿: こしあぶら | 2013年2月 3日 (日) 16時58分

★ こしあぶら様 ☆
ありがとうございます。
調子が悪くなってから、ミキサー食なので、ケーキも無理だろうと思いましたが、当日は『おいしい。おいしい。』といって食べられました。
こしあぶらさんのお母さまもそうでしたか?
入院しているとこちらから持って行って食べさせてあげることができないのが、もどかしいですね。
母の場合、全く食べられなかった時、ウイダーインゼリーが、復活の源でした。いろいろ個人差があるでしょうが、お試しされるのもいいかもしれませんね。

投稿: まが~ | 2013年2月 3日 (日) 18時31分

お母様の103歳の誕生日おめでとうございます。
健康も回復した様子でよかったですね。
義父が今年90歳になりますが、やはり弱気になっている感じがします。
今日は妻が作った海苔巻寿司を持参しました。

投稿: ツーカー | 2013年2月 3日 (日) 21時50分

★ ツーカー様 ☆
ありがとうございます。
母は、今小康状態ですが、安心はできません。
母の場合は(お父様もそうだと思いますが)高齢になると同じ世代の人がどんどん周りから亡くなって寂しくなっていると思います。
そばにいろいろ世話を見て下さる方がいらしてお父様もきっと心強いことでしょうね。

投稿: まが~ | 2013年2月 5日 (火) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 熱海に一泊。 | トップページ | 菜の花の咲く吾妻山公園へ »