« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月27日 (月)

大島の椿まつりに!

(写真上でクリックすると大きくなります。)

週末、伊豆大島に。
熱海から高速船に乗って約45分で伊豆大島に。
大島は今、
椿まつり開催中。
ここは、東京都なんですね。
椿園では自生も、温室にもたくさんの椿が。いろんな種類があるのですね。

珍しいものを少し上げてみます。

123072_2               100                            

119104088

お昼はTVで紹介された名物のべっこう丼を。

あしたばと紅ショウガで椿をイメージした工夫も。

131

ごちそうさまでした。

時の流れは速いですね。
三原山が噴火してから、もう26年も経つのですね。(1986年)

外輪山から中央火口丘を見る。溶岩の流れた跡が今もなおくっきり。↓

黒々した溶岩の帯が遊歩道周りにも伸びていました。

179

膝痛にもかかわらず、火口まで往復1時間30分を歩き、登りました。(標高758m)
ところどころに立つ看板の『ここらで一休みしませんか?』とか、『ロープにつかまって登ると少し楽ですよ。』とかに励まされ。
この日はあいにく、曇り空で景色はスッキリといきませんでしたが。
キャホー やった~ good
火口の山を登りきったところではるか外輪山の出発点を振り返ると中央に小さく白い建物が見えますか?↓

163

あそこから、山頂遊歩道を歩いて登ってきたのです。
その左上にぼんやり海に浮かぶ船も見えますかネ。(拡大するとかすかに・・)
火口付近は今も煙がたなびき大小の溶岩石がゴロゴロ。↓

169

火口は赤や黒い地肌の火口が不気味に口をあけて。自然の脅威を感じました↓

172

帰りは三原山温泉の露天風呂で汗を落としてサッパリ。
また、歌にもあった波浮の港にも立ち寄りました。↓

187

帰りは地層切断面を見ながら元町港に急ぎました。部分的に見えるのかと想像していましたが道沿い約1kmにもわたり、とにかくすご~い。ド迫力でした。↓

195

あわただしく大島を巡りましたが、レンタカーで効率よく回ることができました。
下調べをして誘って下さった兄夫婦に感謝。

| コメント (24)

2012年2月19日 (日)

350円の買い物に悩んで。

(写真上でクリックすると大きくなります。)

17日夜降り出した雪が翌朝の庭を一面の白にsnow

028_2

埼玉の権現堤(ごんげんづつみ)の水仙を見に行ってみました。

026

以前の積雪でまっすぐに立っているものが少ないとのことでした。

028_3

残念でしたがあたり一面いい香りがしました。cute

008

近くの水門では水が勢いよく音をたてて放水されていました。

005

帰りの国道近くの道の駅では、お友達が寄せ植えを買いました。
はじめ買うつもりはなかったのです。

が、お友達の

『ねえ。ねえ、これかわいくない?』の言葉につられて

『私も~』とすぐになびいて。
結果的には350円でお得な買い物でした。

『どれがいいかしら、?』
あれこれ迷って結局これに↓。

053

350円の買い物にさんざん悩んで買う私って、何と小市民的なんでしょう!。

| コメント (14)

2012年2月 5日 (日)

年の差 101歳!!??

(写真上でクリックすると大きくなります。)

散歩の人も足を止める近所のロウバイが見事に今年も咲きました。
あたり一面プ~ンといい香りが・・・

044

もう、立春もすぎたのですね。こういったことで季節を感じます。
ところで、先日は、
母の102歳の誕生日でした。
息子夫婦や姉も母の施設に
まってささやかな誕生パーティー
母の為にお嫁ちゃんが、甘くないサツマイモのバースデイケーキを作って来てくれました。
母は「みなさん、私の為に遠いところをわざわざきて下さって悪いですね。ありがとうございます。』と恐縮していました。
サツマイモのケーキも口に合うのか喜んで食べました。
私たちもご相伴させていただきました。
記念に息子たちのプレゼントの犬のクッションを横において記念撮影。↓

010

顔がとってもかわいいと気にいっていました。
『こう向けた方がいいのかしら。』と犬の顔をカメラの方に向けて。
『でも、白いクッションはすぐ汚れるから何かカバーをかけないとね。』
ですって。笑ってしまいました。
楽しい1日になりました。
 翌日は以前から約束していた友人のお宅に招かれ伺いました。
すっかり大きくなった1歳6カ月のNちゃんの所作がかわいかったです。

020

いろんなことを話していたら、あっという間に日が暮れて、おいとましました。

031

この2日間に会った二人。102歳のしわがいっぱいの母とぷくぷくおてての1歳のNちゃんと。

その差101歳です。
共に今日を生きています。

| コメント (21)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »