« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月25日 (月)

友人と会った日曜日

(写真上でクリックすると大きくなります。)

 庭の“りゅうのひげ”の葉蔭につややかなな実がなっているのを発見。

実がこんなにきれいなブルーとは知らず。はじめは、ビーズが落ちているのかと・・・

2009123_12

昨日は久しぶりの友人二人と会いました近くの駅まで車で迎えに。

この駅は新しい線ができたのに伴い数年前にできた駅。

ちょっと前まで野原っぱだったので、遠くからも見渡せたのに。

今は開発ラッシュ。すごいことに。↓

2009123_3

また、駅の反対側(東側)も既に高層マンションができて入居しています。↓

何でも、一つの不動産会社が、この植え込みを(公園?)を囲むように5,6棟と駐車場棟を一気に建てて売りだして。

また、駅に付随している専門店街ビルもこの不動産会社がかかわって・・・

付加価値がついて高額マンションに・・・ すごいですね。

開発が大規模で、一大町が“あっ”という間にできあがっていました。

2009123_4

友人を乗せて走っていたら、途中フリーマーケットの旗が。

ちょっとのぞいてみました。

2009123_5

暖かいお天気に誘われてたくさんの人出が・・・

1人の友人はお皿5枚400円で、私は紫の帯締めを500円で購入。

食事は、すぐ近くの焼き立てパンおかわり自由(また太りそう)のレストランで。

ピアノの生演奏をしていました。そのランチの一例を↓

2009123_6 

ホタテとサーモンの何とか・・・(忘れました。)

200923

食べながら、友人のおじょうさんの結婚式の写真を見せていただき、幸せのおすそ分けをいただきました。

(1年に姉妹2人も嫁がせて寂しくなられたことでしょう。)

このまま別れるのも寂しいので、S公園に花を見に行きました。

冬なので花が少ないのでは?⇒アッタリ!予想通りでした。

ろうばい祭りをしていました。あたりに香りがプ~ンと!

2009123_7

ボタン?もガンバッテ咲いて。大輪なので、1本でも存在感が。

2009123_8

紅梅も咲き初めでしょうか。

2009123_9

咲いている花はこれくらい。

入園料350円を高いとみるか安いとみるか。ビミュウ。

再会を約束してお別れしました。4時30分。

帰りにスーパーによって、夕食を買う際、匂いに誘われ焼き芋も(またまた、肥るものをwobbly)買ってしまいました。

今日体重計にのってみたら、1㎏増えていました。エエ~ン(。>0<。)

| コメント (17)

2010年1月17日 (日)

ウォーキングの見る目を変えて

 (写真上でクリックすると拡大します。)

 前日は、家から1歩も出なくて足が委縮してムズムズしてきた感じ。

いけない!いけない!今日はshinesunshine晴天、さぼらないようにしよう。

いつものウォーキングコースfootは風景が同じ。

なので、night早朝⇒sun昼に、しかも、視点eyeを変えて気持ちを新たに。(ちょっと無理がありますが・・・)

出てすぐご近所のロウバイがこんなにきれい。いい香り~が。

2009117

大通りに出るとお店の前にズラ~リ。

↓こんなふうに宣伝の、のぼりがいっぱい。

早朝のウォーキングshoeでは、見られない光景。

2009117_2

今日は、その土台に注目することに。

↓これは、物干し台を利用していますね。

2009117_3

↓これは、初めから、のぼり用にコンクリートで作られています。

2009117_4

↓中には、お金をかけなくても、地面に塩ビ管を埋め込んでいる簡単なものも。

アッタマイイー   その他、竹筒や、金属の筒を柱にくくりつけた素朴なものも。

2009117_5

↓これは、後付けでブロックにコンクリートを埋め込んで。

見栄えはよくないけれど、努力のあとが伺えます・・・

2009117_6

↓でも、たいていは、こんな感じで、移動の時は軽く、しかし風で倒れないように、水や砂を入れられるように口がついているものが多かったです。

2009117_7

たかが、のぼりの土台、でも、↓進化が見られますね。

2009117_8

さらにもっと進化したものが、これ!↓

『どこが』って?

半分に開け閉めできる上に、(この写真の反対側には)ナ、ナント鍵がついていて抜き去れないようになっています。

2009117_9

のぼりの土台だけでも、どんどん工夫されていると思いませんか?

なお、おまけにモウ1つ。

のぼりの土台とは、関係ありませんが。

宣伝するのに、ビルの屋上からの垂れ幕は、しばしば目にしますが、横断幕が↓カーテンみたいに開閉できるものも・・

022

どうです?(・・・って自慢してどうする)

普段何気なく見過ごすものでも、よく見ると、いろんなものが見えてきますね。

そしてそこには、変化や工夫が見られます・・・ 

こんなことを話題にして暇人で、くだらなかったですかネ?

いつものことですね。 マッ、いいか~

| コメント (20)

2010年1月 9日 (土)

飲茶セット1980円食べました。

(写真上でクリックすると大きくなります。)

 2,3日前のこと。

「いけない!急がなくちゃあー。」歯医者さんに9時予約。run

001

実は歯がボロボロ(歯だけかい?←って違います。体も、人生もです。ハハハ←オヤジギャグ)

たちあがったところに私よりちょうど一回り上の友人から電話。

「お元気?ちょっとどこかに行かない?」と誘惑が。

『今日は久しぶりに家でゆっくりしようかなー』と思っていたのに、急に予定変更。←得意とするところ

正月どこも行かなかったから、マッ、いいか。

030

結局、歯医者さんが終わった後、彼女の希望で横浜中華街に、行くことに。

003

電車を降りると、マリンタワーが青空の中にスックとたって。

『横浜にきたー』何年ぶりでしょう。・・っていっても、2,3年前ですけど~

033

中華街はウイークデイなのにこの人の多さ!私もその一人です。ハイ。

ちょうどお昼時。中華街で飲茶バリューセットが1980円を食べました。

ウマシ!食べるのにガッツイて撮り忘れました。ヤッパリです。

026

食後、すぐ近くの山下公園に。

歩道足元の、はめ込み模様もおシャレー

028

氷川丸が係留しているロープにカモメがこんなにびっしり。どうして?

空きがありません。肩寄せ合って?イヤ、羽寄せ合って?

016

せっかく横浜まできたので公園からでている横浜湾クルーズ60分コースに。

船から見た景色↓

客船と、その後ろのみなとみらいのビル群。やはり、都会の港の感が。

051

途中に、船にコンテナを荷上げ、荷降ろしする機械(何ていったかな?ド忘れ。俗に“きりん”というとか)が湾内、数えてみたら、ざっと、40数基。

船内の説明によると、1基すごく高額で億がつくとか。ホント?すご~い。

092 

ベイブリッジとその向こうにビル群が・・・

093_2

天気がよかったので、海と空の青がキラキラ輝いて。

下船したら、すぐ帰路につきました。bus

新しい線ができ、一昔前より、意外や意外、家にはけっこう早くつくことができました。

家人には横浜に行ったことを知らせず、何食わぬ顔で日常に戻りました。ピース!scissors

| コメント (22)

2010年1月 4日 (月)

2010年のスタートです。

 (写真上でクリックすると拡大します。)

 いよいよ2010年寅年がスタートしました。

今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

      009845

このトシになると、めでたいのか、めでたくないのか、よくわからなくなります。

さらに、ボーッとしていると(いつもそうなんですが・・・)、西暦と平成の年号があるので、最近とみに覚えにくいです。(←単なる老化現象)

先日も、『ええーっと、今西暦2008年だから』なあ~んて思い切りとぼけたことをいって若い友人に憐みの目eyeで見られて、ひかれました。sweat01

初日の出shinesunshineを撮りに手賀沼に車でひとっ走りrvcardash

      095

そしたら、正月だというのに、同じ考えの人がたくさんいるのですね。

自分もその一人ですが。

あちこちで、写真を撮っている人に会いました。

白鳥や鴨もいました。朝日を浴びて水面がキラキラ輝いていました。shinemistshine

       168

かえっておせちを食べて(←おかずを考えなくてうれしい)初詣に行きました。

すごい混みようでしたが、あいにくカメラを忘れてしまい、写真は無し。(ノд・。)

正月から、忘れています。先が思いやられます。

配達された年賀状をユックリ見てみました。

       174

退職後、自分の分は、やや交際範囲を狭めたのですが、やはり100枚は超えて今年も買い足しました。

でも、若い人はメールが主流とか。二男も、メールばかりで、はがきは2枚しか出しません。

近くの家の玄関先にこんな花が。何の花でしょうか?

       049

新年にあたり、PCに向かう時間と生活時間のバランスを考えて、一方に偏ることないように気をつけながら日々過ごしたいと思います。

ブログは相変わらずのスローペースながら、更新したいと思います。

今年もどうぞ、よろしくお付き合いをお願いいたします。       

| コメント (18)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »