« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月23日 (月)

銀座の装飾の数々を見て。

(写真上でクリックすると拡大します。)   

  用があって、このところ1,2日おきに銀座を通って帰っています。

どうせ通るなら、銀座を視点を変えて見て行こうと思い、今回はインテリア等の装飾を中心に見てみることにしました。

↓これはお店のショウウインドウ、たくさんのハンガーで、ツリーを表現。

オシャレーですね。

私には、おしゃれすぎて何を宣伝しているのか、よくわかりませんでした。ハイsign01

20091123

↓同じくたくさんの木ぎれでショウウインドウを飾っています。

中央の人物に目鼻を入れないのが野暮ったくなくていいです。

20091123_2

↓上にはグラスbarを、中間にはcafeコーヒーカップをつるし、下には食器を重ねた陶磁器屋さんのショウウインドウ。(大きくして見てね!)

『地震がきたら、崩れないかなー。』な~んて考えるのは野暮な私だけです。

2091123

↓レストラン入り口の造花や、壁面装飾、メニューのライトアップflair等。

20091123_3

↓レストランやしゃぶしゃぶの店等が入っている階の共同スペース。

ここでは、ケバケバしさがなく、店名も控えめで、インテリアを邪魔しないので、格調高く感じました。

床もshineピカピカ。shine

思わず『土足でいいの?』 と聞きたくなる程。

20091123_4

↓入口から見える店内の椅子。

椅子の背もたれの透かし模様が美しい。

20091123_5

↓フレンチレストランの内部。

色も抑えめで、ここでも、大小のドライフラワーや生花が。

壁面に鏡を配して(よくやる手)室内に広がりを感じさせています。

20091123_6

↓下のお皿はショウプレート。

このお皿はいわば、見せ皿で、『これ位いい皿で美味しいお料理を提供しますよ。』という意味だそうです。

お料理が出てくる前に引っ込められます。

(大事なお皿をフォークやナイフで傷つけられると大変sweat01

20091123_7

銀座という場所柄、きっと一流の専門家が、頭をひねっていろいろな形でいろいろな場所をこれまで装飾されてきたことでしょう。タブン!

何気なく見過ごしてしまいそうな所にも、角度を変えて見ると細かな計算がされていることが。

アートには、およそ疎い私でも、本物の持つ輝きも少しだけ?感じることができました。・・・カナ?

| コメント (19)

2009年11月18日 (水)

それぞれの地に“移ろう季節”を・・・

(写真の上でクリックすると拡大します。)

 秋の日の午後、茨城県の一言主(ヒトコトヌシ)神社(1459年建立)にフラリ立ち寄ってみました。

大木があり、周りも自然がいっぱい。なぜかホッとします。

名前がユニーク。一言の願いもおろそかにせず聞いて下さる神様という意味だそうです。

正面の鳥居から見たところ。ここでは、何だか時がゆっくり流れている感じ。

043

ちょうど菊花展をやっていました。ラッキーscissors

左の菊の懸崖のそばに近づいて見ると

045

こーんな様子。見事ですね。

そういえば、義父も生前こんな懸崖を作っていましたっけ。

普通の三本立ての菊もありましたが、

こんな感じのものもありました。

040

本殿に行ってお参りしてきました。

願いは一つだけだそうです。(一言)

欲ばっちゃあいけませんね。

何をお願いしたって?それは、ひ・み・つ 

034

たくさんの菊をみることができて、おまけをもらった気分。

049

菊作りに詳しくないのですが、丹精込めた力作ぶりは、見る者に伝わってきました。

落ち葉でガサガサした足元を踏みしめながら参道を歩きました。

ふわふわして足にも体にも心地よく感じながら帰路につきました。

 翌日は用があって街中(神奈川、東京)に。

駅前の大木にクレーン車でクリスマスツリーの飾り付けをしていました。

002

秋葉原駅前のイルミネーションは、さ~すが。電気の街。

005

秋葉原駅前のビルの2階のshine飾り付け↓もステキshine

009

次に夜の銀座へ。夜はあまり来たことがありません。

ネオンや、お店の明かりで銀座全体が昼のように明るくてびっくり!←きゃあ~おのぼりさん感覚丸出し!

人も車も昼のようにいっぱい。sign03

天皇御在位20周年を祝う国旗があちこちに。

095

結婚式の披露宴を終えた二人が友達を送り出している場面にも会いました。

093

華やいだ空気が横を通り過ぎる人にもおすそ分け。

都会のど真ん中は、相変わらず人も車もあわただしくいきかっていました。

茨城と東京、生活環境の大きな違いを感じながら、しかしそれぞれの地に“移ろう季節”を感じた二日間でした。

| コメント (14)

2009年11月12日 (木)

紅葉を見に八海山に。

(写真上でクリックすると拡大します。) 

秋晴れの日の一日、近くの駅から出ている日帰りバスツアーに若いお友達と二人で行ってきました。

『八海山ロープウェイ。大源太湖と三国川ダム越後三大紅葉名所めぐり』

7時20分集合で、お一人様8000円也の旅です。

普段私は高速にのったら、ビクビク、速すぎて車線変更がコワーイ、程度の運転技術。(←高速を何千キロもぶっ飛ばすブログ友のMさんやTさんから笑われそう。)

ちょっと遠い所に行きたい時、『電車、バス等の公共交通機関をご利用下さい。』の真面目ないき方をしています。(・・・っていうか、これでしか行けない。sad

新潟に入り山々のmaple紅葉がきれい。車中から見える景色。俄然期待感heart02が・・・

003_3

八海山への山頂には、ケーブルカーで。

観光客が多く、乗るのに1回待ちでした。

20091112_9

山頂は、紅葉のさかりをすぎていました。もはや“秋深し”の感が。

それでも、澄みきった空と高い木の伸びやかな風景が格別。

20091112_10

眼下に広がる雄大な山々も美しい。見入る人々。

人の向こうの山が見えますか?

055_2

ふもとに降りると、全山紅葉で目が覚める程鮮やか。

20091112_11

その下の滝の周りの木も色とりどりに自己主張して。

20091112_12

バスの中でおしゃべりしているうちに次の名所につれて行ってくれるのが、何といっても楽チン!

三国川ダムは、静かに、満々と水をたたえて。

対岸の方はモヤッていましたが、地層の断面が美しかった。

20091112_13

大源太湖では、紅葉がちょうど真っ盛り。グッドタイミングでした。

湖面に木々の紅葉が映ってmapleshine。ベストスポットで写真を撮る人が次々と!

ベタな表現ですが、“絵のように美しい”景色。

20091112_14

どこからが湖面かわかりますかネー?

20091112_15

今回時期的にもバッチリでmaple紅葉を十分楽しむことができました。

ところで、私の乗ったバスの構成メンバーは、静かなシニアの夫婦が2,3組。

その他は母娘のカップルや、友達同士、グループでいずれも女性が圧倒的でワイワイガヤガヤとっても元気でした。

私も、自分では行けそうもない所に安価で行くことができ、たくさんおしゃべりもでき、とってもラッキーな日でしたscissors

何だか癖になりそう!

| コメント (20)

2009年11月 3日 (火)

アカデミックな気持ちに!

(写真上でクリックすると、拡大します)

さつまいもをいただきました。

いつもふかして食べていましたが、別の食べる方法はないかなと考えていました。

栗きんとん以外作ったことがありません。

煮る方法もありますが、さつまいも本来の甘さがじゃまをしてイマイチおいしいと思えませんでした。

そんな折ブログのお友達が、UPされたものを見て私も真似て作ってみました。

その材料がこれ↓

2009113_2

さつまいもとリンゴを砂糖で煮ました。レモンとシナモンも加えました

2009113_3

盛りつけたら、ヨーグルトをかけます。

バッチリ、。おいしくできあがりました。

といいたいところですが、ちょっと目を離したすきに

もうちょっとというところで、少し焦がしてしまいました。

でも、初めての私にしては、上出来かなsign02

 先日は、近くの東大柏キャンパスで、一般公開を行っていました。

2009113_4

家に子どもはいても、銚子の灯台は、行ったことがありますが、こちらのトーダイは、縁もゆかりもなかったので入ったことがありませんでした。

この際だから一度入ってみようと近くの友人と入って見ました。

2009113_5

広大な敷地に大きな大きな鉄筋の建物が何棟も建っていました。

見学場所はあちこちの棟に分散されていて、その間をシャトルバスが出ていました。

2009113_6

その1つ、物性研究所の入り口。

想像していた通り、研究の分野も名前だけでは、どういう内容かよくわからないような難しい名前がついていました。

たとえば、新領域創成科学研究科基盤科学研究系、とか、空間情報科学研究センターとか、数物連携宇宙研究機構というふうです。

でも、展示パネルとか、ビデオやプレゼンは素人にもできるだけわかりやすく、

おばさんレベルにもわかるように説明して下さったり表示してありました。

2009113_7

やや敷居は高かったのですが、入って見ると、なかなか興味深いものもありました。

映像についていくのに錆びついてほとんど使っていなかったおばさん頭が、フル回転。

何だか頭の血のめぐりがよくなった気がしました。

2009113_8

大学の図書館も見学。パソコンや視覚障害者用のものも充実。

とても、立派で大きかったです。

2009113_9

大学内保育園では、塀を兼ねて太陽光を集めていました。flairさ~すがsign03

2009113_10

学校以来、知らない分野を学ぶ機会もなかなか得られません。

友人と『たまには、少し高度な話を聞くのもいいわね。』と。

何だか、急に脳が活性化してアカデミックな気持ちを持ちつつ帰ってきました

が、普段がアカデミックとは程遠い生活。

二日と続きませんでした。やはり、私にはムリみたい。

| コメント (20)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »