« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月28日 (木)

皇居東御苑を通り抜けました!

用が終えたところがたまたま皇居のすぐそば⇒そうだ、皇居東御苑に

寄り道しようと思い立ち計画性のなさはさあ~すが~⇒私らしい

北詰橋を渡る。

144

江戸城あとの石垣の大きいこと大きいこと。

今のように機械がなかった時代の石垣造りの苦労に思いを馳せる→ナア~ンチャンテ⇒ちょっと、柄になくきどってしまいました。⇒スミマセンdown

151

天守閣跡は登れるように整備されている。天守閣跡からの眺め

157

広々とした芝生に思い思いに過ごす人々とバックにビル群が・・・

松の廊下跡の立札が。

164

東御苑には、こんな大木も ⇒ 木の下の人と比較して

166

大手門に向かって歩く。当たり前ですが、どこも和風ってカンジsign01

172

外国の方もとっても多い。

189

石垣が大きくて立派。夕陽が沈む頃。

178

大手門から帰路に向かう人々

198

大手門を出る→目の前林立するビルと行きかう車rvcardashcardash

202 

急に現実に引き戻されました。

それでも一時、静かでよく手入れされ広々した東御苑を寄り道ができ、ホッとできました。

東京駅に近いのでまだの方は、ぜひ散策されては、いかがでしょうか?

ナンカ、観光案内になってしまいましたネ。

| コメント (14)

2009年5月21日 (木)

庭木の剪定を!

  このところ、コンディションがイマイチだったので家でおとなしく・・・

⇒ムリです。

・・ンナわけで、狭い庭なのに、駄木ばかりたくさんあり

その剪定をすることに・・・

毛虫や、茶毒蛾のアレルギー⇒ 皮膚は一切出さず。完全武装で

剪定準備のために、こんな道具を揃えました。

特にヘッドトリマーは最近moneybag買いました。

が ⇒ 使うほど庭にたくさんは、なかった・・・トホホwobbly

とりあえず、形からハイル。

011

高い枝の剪定はずっと空sunを向いているので、

疲れる上に、thunder頭がクラクラthunder

下はトリマーで丸くした初カット作品、電動なのでアッという間 

⇒ なかなかhappy01ではsign02 ← 自画自賛scissors

028

今日気がついたのですが。

梅の枝に1年中ぶら下げて放っておいたセッコク。

いつの間にかほうら、こんなに咲きheart04始めました。

面倒くさがりやにピッタリのcutesign01

011_2

思いきり上を向いてチョキチョキ高枝バサミでhairsalon剪定 していたら、

house家の前をお散歩コースのdogモカちゃんが

『ナニしてるの?』不思議そうに首をかしげていきました。

031

下は剪定した枝の山。今日はこれでおしまい。

(まだまだ。何日かに分けて行う)

市の規定により枝を30㎝以内に束ねて。

→これが、切るよりもう。タァ~イヘン。やっと束ねました。

021_2

園芸に明るいお友達にスーパーの園芸売り場に来てもらって

こんな薬も購入。

後日予定。

018

かくして、新米園芸家の1日はnight終わりました。

ああぁ~ツカレタkissmarkdash

| コメント (12)

2009年5月17日 (日)

久しぶりのウオーキング。

 久しぶりに早朝sunウォーキングrunに近くの公園に。ご一緒にどうぞ!

木々のみどりは若芽のclubみずみずしい色

081

朝日sunshineに映えてやわらかくshine

051

人気のない朝もやの公園では虫をとるカモの姿が・・・

056

大きなこの木、なんの木? ひっそりと花が咲いていました。

066

花をアップにすると      案外かわいいcute花ですね。

067

池ではあやめも咲いて カモがnote気持ちよさそうにnotes

038

コイもスイスイ春をいきいきエンジョイして

034

花もここぞとばかりに咲きほこっていました。

088

今日の写真は新しいデジカメcamera撮って見ました。

映りはどうでしょうか?カメラより、スキルの問題sadですが・・・

004

二男が初月給と母の日にとcameraデジカメをプレゼント。

従来のが、調子が悪かったのを見て考えたのでしょう。

思いもかけず驚きましたが、その心がheart04うれしかったです。

| コメント (12)

2009年5月 6日 (水)

病院の内覧会と母と

 先日は、知り合いのhospital病院の内覧会に行ってきました。

病院のshine新しいshineのはさておいて、気がついたことの一部を。200956

入院している部屋の名前の上には、部屋番号のカバーが下りてくるようになっていて

通りがかりの人には見えないように個人情報に配慮されているようになっていた。救護区分(例 赤⇒担送 無印⇒歩行可)だけ見えるようになっていました。

 そういえば、今はどこもそうでしょうが、私が今通っているhospital病院でも、名前を呼ばれないで受付番号が、画面に表示されるだけでしたね。

廊下には、車椅子やストレチャー(移動用寝台車)が はみださないような収納場所があり

200956_2

200956_3

廊下に障害物がないように安全に配慮してありました。

入浴は従来のお風呂形式の他に寝たまま体を洗えるように全方向からミストシャワーが出てくる設備等も整っていました。

200956_4

医療技術の進歩が言われていますが、看護、介護設備もいろいろ工夫されて現代に即した改良がなされていることを感じました。

 ところで、母は普段は元気なのですが、時々心筋梗塞発作をおこすので今年から老健施設に入りました。何と頭の毛が(パーマをかけた?)爆発していました。

この日かけつけた甥夫婦が、母に会いにきてくれました。9か月のひ孫とご対面(その差98歳)。母はhappy01喜んでsweat02涙ぐんでいました。

200956_5

おまけにもう1枚、母の最近(99歳3か月)memo新聞を読んでいるところです。

200956_7

トシ相応に物忘れが多くなりました。しかし、すごくしっかりしているところもあります。

  “恐るべし明治生まれ”

一日一日を大切に過ごしてほしいと願っています。

私も悔いのないようできるだけ、train通って身の周りのrun世話をしています。

| コメント (11)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »