« 今年も咲きました! | トップページ | おしゃれなポプリ入れ、見ーっけ! »

2008年10月 2日 (木)

何年ぶりかの映画観賞

 昔々の映画館は、入り口近くにすわるとトイレtoiletの臭いがしました。それにも増して換気が悪く、上映中、酸素不足から頭がガンガンwobbly痛くなり、猛烈なimpact痛みに耐えられず(ノ_≦。)扉doorの外によく出たものでした。そのことがトラウマとなり、映画ときくと、たとえ、どんなに評判の映画といわれても、子供の頃のあの頭痛wobblyがよみがえり、ずーっと行く気になれずにいました。が、すぐ近くに映画館ができ、友人に誘われたこともあって、何十年ぶりに今話題の『おくりびと』を見にtrain行きました。(⇒自分自身が驚いています。)日曜日とあって満席でした。また、昔とは格段に設備が良くなっていました。★゜・。。・゜゜・。。・☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 納棺師という地味な職業にスポットをあて、評判どおりの映画で、元木さんや、山崎さんのおさえた演技には、渋さが光りshineましたが、正直な感想としては、自分がイメージしていた期待とは、ややずれsign04がありました。

movie


« 今年も咲きました! | トップページ | おしゃれなポプリ入れ、見ーっけ! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ストーリーの奥深さより、棺桶師を題材にした映画といぅ事が、海外メディアから稀有に見え評価につながったのでしょう。
また映画の作品を観る度に、俳優の名前や芝居の優劣、舞台背景に目がいってしまうのには、昔々の純粋な気持ちが失せてしまったのかな…と感じるこの頃です。

投稿: m-calle | 2008年10月 4日 (土) 21時12分

m-calleさん、本当にそうですね。なかなか読みが深いですね。私もこれからは、評判だけでなく、別の角度からも見ることをこころがけたいと思います。

投稿: まが~ | 2008年10月 6日 (月) 07時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1028968/24203891

この記事へのトラックバック一覧です: 何年ぶりかの映画観賞:

« 今年も咲きました! | トップページ | おしゃれなポプリ入れ、見ーっけ! »